各部会/WGについて | スキル標準ユーザー協会は高度IT人材の育成に向け、iコンピテンシ ディクショナリ(iCD)を活用したスキル標準の普及と促進を目指します。

文字の大きさ

各部会/WGについて

スキル標準ユーザー協会の部会、ワーキンググループの種類について。

部会/ワーキンググループ(WG)/委員会・交流会などの種類

スキル標準ユーザー協会には、以下の活動グループ、委員会/ワーキンググループ/交流会などがあります。

教育グループ
【担当理事:栗藤氏/NECソリューションイノベータ株式会社】

スキル標準に関連した教育・研修の範囲において、企画の策定、制度の運営を推進する。

  • 教育企画委員会 【委員長:栗藤氏/ NECソリューションイノベータ株式会社】
    • ISV-Mapのメンテナンスをおこなう(現行のフレームで新資格や資格見直し)。 ITSS+が示す役割への対応も検討する。
      各教育ベンダが取り組んでいるITSSベースの研修情報に加えて、iCDタスク、ITSS+の役割と連係する教育情報等を整理して提供する。

スキル標準コンテンツ活用グループ
【担当理事:松浦氏/株式会社エス・アイ・エス】

スキル標準ユーザー協会が保有するコンテンツ(各種タスク項目、条件表など)や、そのコンテンツを搭載したスキル管理システム「SSI-iCD」を通してスキル標準の普及推進を行う。

  • スキルコンテンツ作成委員会 【委員長:森岡氏/株式会社スキルスタンダード研究所】
    • スキル標準に対応したコンテンツの維持(含むiCD実装)、及び発展活動を実施する。
      
  • ASP推進委員会 【委員長:小島氏/株式会社エス・アイ・エス】
    • 「SSI-iCD」をスキル標準の利活用ツールとして位置づけ、その普及・促進のための企画や整備を行う。
      コンテンツに関してはスキルコンテンツ作成委員会と連携して活用を推進する。

スキル標準活用グループ
【担当理事:加藤氏/株式会社パソナテック】

各種団体等と効果的な情報共有を実現し、スキル標準の普及を推進する。会員および一般へ、幅広く有益な情報提供を行い、スキル標準と協会の発展を推進する。

  • スキル標準活用委員会 【委員長:加藤氏/株式会社パソナテック】
    • 会員並びに認証企業の参画により、活用側の視点でスキル標準の理念や活用形態、活用の指標、評価基準、導入後の運営方法に関するテーマを研究する。
       
  • 情報交流委員会 【委員長:廣川氏/株式会社エネルギア・コミュニケーションズ】
    • 会員相互の交流を目的にした意見交換の場として、セミナーまたはサロン形式の会合を開催する。
事業推進グループ
【担当理事:高橋氏/株式会社スキルスタンダード研究所】

会員および一般へ、幅広く有益な情報提供を行い、スキル標準と協会の発展を推進する。

関連するページ
このページのキーワード。関連情報をチェックできます。
WG , 部会
このページの先頭へ トップページへ

入会のご案内

現在、当協会の活動にご賛同・ご支援いただける会員様を募集しています。
ご入会をご検討されている方は、お気軽にお問い合わせください

当協会の活動継続について

今後、当協会では
  • ・iCDの普及
  • ・新スキル標準(ITSS+)における
     新しい人材・スキル領域の具現化
を推進するために貢献活動を継続いたします。

iCD活用ワークショップ・参加者の声

当協会のiCD活用ワークショップに参加した皆様の感想などを紹介します。