スキル標準ユーザー協会が認定する『スキル標準活用コンサルタント』の一覧です。

【コンサルタント】
宮浦 智範小野 綾子松本 道典但吉 英山

宮浦 智範
認定番号:026
宮浦 智範
【所属・役職】
株式会社日立アカデミー
ビジネスパートナリング本部 サービス企画部 コンサルティンググループ 上席コンサルタント
【業務経歴およびコンサルティング実績】
ソフトウェアハウス、SIer、コンサルティングファームにて、エンタープライズシステムのシステム開発や技術コンサルティング事業に従事。一貫して、オブジェクト指向技術を用いたシステム企画、設計、開発を担当。
2004年に現職の株式会社 日立インフォメーションアカデミー(現:日立アカデミー)に入社。ICT技術者を育成すべく、集合研修、eラーニング、PBL(Project-Based Learning、課題解決型学習)といった多様な形式の教育プログラムの企画、開発、インストラクションに従事。2016年4月より現在に至るまで、日立グループ内、外のお客様に対して、人財育成を実行する制度の構築、導入、運用を支援する事業を推進中。
【自己PR・その他】
日立グループ内、外での実績を生かし、幅広い業種・業態に対して、企画から運用まで、一貫した人財育成の仕組み作りをご支援します。また、お客さまの状況に合わせて、現行制度を生かした制度設計にも対応できます。
【連絡先】
TEL:03-5471-2619 【Webサイト

小野 綾子
認定番号:027
小野 綾子
【所属・役職】
株式会社日立製作所
人財統括本部 システム&サービスビジネス人事総務本部 人財企画部 タレントマネジメントグループ 主任
【業務経歴】
1991年 (株)日立製作所 システム開発研究所入社 ストレージ組込ソフトウェア関連の研究。
1998年 (株)日立製作所 システム開発研究所 企画室にて、研究管理業務。
2006年 (株)日立コンサルティングに出向し、コンサルタントの育成を担当。
2010年 (株)日立製作所 システム&サービス部門の事業部人事担当として、教育、採用、労務安全業務を担当。
2017年 (株)日立製作所 システム&サービス部門の技術者育成を担当。ITSSレベル診断システムまとめ、日立ITプロフェッショナル認定(CIP)制度事務局担当。
2016年より JEITAソリューションサービス人材開発専門委員会委員
【コンサルティング実績】
日立グループ システム&サービスビジネス分野では、(株)エス・アイ・エスのパブリッククラウドサービスSSI-iCD(https://www.sisj.com/ssi-icd/)を活用し、iコンピテンシディクショナリ(iCD)のタスクを使って職種と専門分野とレベルを独自に定義し、3万人を越える技術者を対象とした人財育成を実践しています。私は、本システムにおける診断職種、専門分野定義のコンサルティング、および事業計画にあわせた人財育成のPDCA実践のコンサルティングを行っております。
【自己PR・その他】
私は研究職を経て、現在、人事として人財育成に取り組んでいます。職能は大きく変わりましたが、この経験の中から、自分として軸となる部分を持っていれば変化に対応でき、新しい経験がさらなる気づきを与えてくれることを自ら経験しました。
近年のDX人財(デジタルトランスフォーメーション(DX)事業を推進できる人財)の育成において、新しい人財像について議論されますが、誰もが納得するような人財像をゼロから描くことは難しいと感じています。私は自らの経験から、長年活用してきたITSSに、iCDやITSS+をあわせて活用すれば、DX人財を定義・育成できると考え、日立グループ内で取り組んでいます。
【連絡先】
TEL:080-5927-7559 【Webサイト

松本 道典
認定番号:028
松本 道典
【所属・役職】
サントリーシステムテクノロジー株式会社
品質管理部 参与(人材育成担当)
【業務経歴およびコンサルティング実績】
サントリーシステムテクノロジー株式会社にて、2009年のスキル標準導入に携わりました。
その後、構築したスキル標準体系の改定・運用業務の責任者として現在に至っています。
ICDをベースにした、WEB制作、技術開発、インフラ整備、セキュリティ監視等のタスク体系の設計、人事系シェアードサービス機能(グループ会社)のコンサルティング支援、ITSS+をベースにしたデータ分析のタスク体系設計の実績を積み、社内外の人材開発に成果を出しました。
【自己PR・その他】
組織の成長は人の成長と共にある両輪です。この両輪は、経営・管理者・個人3つの目線を持ったドライバーで成果を出すことができます。サントリーグループでの適用事例をベースにして、各社の課題解決案を提示することにより、スキル標準(iCD&ITSS+)の正しい使い方が普及し、各企業のスキル標準導入の狙い、導入・活用方法等の設計支援ができればと考えています。
「心は形を作る」「形を作ると心が育つ」という持論から、熱き心を持ち、自ら手を動かし、相手の懐に飛び込んでいく形は、忘れてはいけないコンサルティングスタイルだと考えています。
【連絡先】
TEL:090-6374-2410 【Webサイト

但吉 英山
認定番号:029
但吉 英山
【所属・役職】
三菱総研DCS株式会社
PMO部 副部長 兼 PMO部 人財育成アカデミー室 室長
【業務経歴およびコンサルティング実績】
入社後、分散基盤系エンジニアとして、各種開発プロジェクトや技術施策検討に従事。
人事部に異動後、人事制度再構築プロジェクトにて、人事制度の構築を経験。
ITSSベースのスキルレベル認定制度の構築と運用に関わる。
その後、評価制度の運用、人事システムの構築といったキャリアを経験しつつ、人事に関わる施策全般の企画・推進に積極的にかかわる。
PMO部に異動後、ITSSからiCDへの切り替えの全社プロジェクトにて、前述のスキルレベル認定制度をiCDベースに再構築し、管理システムの設計構築を実施。
iCD導入におけるフォロー等をさせていただいた経験もあります。
【自己PR・その他】
実業務に即した評価制度をはじめとする人事制度や施策に対する知見が強みと考えています。
如何にスキル標準をIT人材の評価に組み込むのか、組み込む際の留意点は何かを状況に合わせて整理させていただくことが可能です。
また、人事制度や施策全般の検討でもご協力できると思います。
【連絡先】
TEL:03-6361-3178 【Webサイト