設立趣旨 | スキル標準ユーザー協会は高度IT人材の育成に向け、iコンピテンシ ディクショナリ(iCD)を活用したスキル標準の普及と促進を目指します。

文字の大きさ

設立趣旨

スキル標準ユーザー協会の設立趣旨について。

設立趣旨

現代の情報技術(以下、IT)分野は、社会のあらゆる局面に多大なる影響を与える基幹分野であり、浸透度も増すばかりです。そのような状況の中で、技術やサービスの向上、またITプロフェッショナル人材の育成は重要なテーマであり、経済産業省はITエンジニア向けのスキル標準として、ITサービス提供企業向けのITSS(2002年12月)、組込み技術者向けのETSS(2005年5月)、ユーザー企業のIT部門向けのUISS(2005年6月)と、3つの標準を策定しました。

私たちは「スキル標準ユーザー協会」として2003年12月に発足し、ITサービスプロフェッショナルや企業における高度IT人材育成に関わる多くの人々に対して、「ITスキル標準(ITSS)」を活用し、一般企業や現場のIT技術者など、民間主体のさまざまな団体・個人が連携することで、産業界におけるITサービスプロフェッショナルの育成とスキル標準の定着、普及に寄与することを目的として発足・活動を続けてきました。

協会発足以降、ITSSを中心に活用を推進してきましたが、ETSSやUISSが相次いで発表され、2007年7月には産業構造委員会情報経済分科会情報サービス・ソフトウェア小委員会の人材育成ワーキンググループで、3つのスキル標準(ITSS、ETSS、UISS)を共通化したフレームワークが発表されました。こうした背景から、今後は3つのスキル標準全てを視野に入れた活動にシフトし、活用を促進することがIT業界にとって有益だと考えるに至り、団体の名称を「スキル標準ユーザー協会」と変更し、活動の目的と範囲を以下のように拡大して活動を継続しております。

活動の方針

スキル標準ユーザー協会は、キャリアアップを目指すITサービスプロフェッショナルや企業における高度IT人材育成に関わる多くの人々に対して、経済産業省が策定したITキャリアの共通フレームワークであるITスキル標準(ITSS)や、組込みスキル標準(ETSS)、情報システムユーザースキル標準(UISS)を活用することで、ITプロフェッショナル人材の育成とスキル標準の定着を目指し、その活用推進と普及に寄与することを目的とします。

これらの目的のために、本会では以下の活動を展開します
     
  1. スキル標準に基づいた人材育成支援のためのシステム構築と企業への実践導入を推進する。
  2.  
  3. 人材スキルに関する問題意識を共有し、課題分析、具体的な改善策の検討・提案などの活動により、ITスキル問題の解決に努める。
  4.  
  5. IT業界の人材に求められる様々なスキル項目やキャリアパスについて、スキル標準に基づいた参照モデル(テンプレート)をデータベース化して資産蓄積するとともに、テンプレートの活用を支援するツールを提供する。
  6.  
  7. スキル標準に関するアセスメント手法や導入活用方法を確立し、スキル標準を導入・活用する推進者やコンサルタントなどの人材を育成するとともに、有益にスキル標準を活用している企業を認定するための活動を行う。
  8.  
  9. スキル標準に基づいて研修とスキルの相関関係を明確にした指針を作成することで、企業の効果的な研修の選定や研修専門機関によるスキル標準の活用を推進する。




スキル標準ユーザー協会

会長:石島 辰太郎


関連するページ
このページのキーワード。関連情報をチェックできます。
協会について , 協会情報 , 設立趣旨
このページの先頭へ トップページへ

入会のご案内

現在、当協会の活動にご賛同・ご支援いただける会員様を募集しています。
ご入会をご検討されている方は、お気軽にお問い合わせください