スキル標準ユーザー協会とは | スキル標準ユーザー協会は高度IT人材の育成に向け、iコンピテンシ ディクショナリ(iCD)を活用したスキル標準の普及と促進を目指します。

文字の大きさ

スキル標準ユーザー協会とは

「スキル標準ユーザー協会」の活動目的について。

スキル標準ユーザー協会の活動目的

スキル標準ユーザー協会は、キャリアアップを目指すITサービスプロフェッショナルや企業における高度IT人材育成に関わる多くの人々に対して、経済産業省が策定したITキャリアの共通フレームワークであるITスキル標準(ITSS)、情報システムユーザースキル標準(UISS)、組込みスキル標準(ETSS)を活用することで、ITサービスプロフェッショナルの育成とスキル標準の定着を目指し、その活用推進と普及に寄与することを目的としています。

(ITSS:Skill Standards for IT Professionalsの略 )
「ITスキル標準」とは、各種IT関連サービスの提供に必要とされる能力を明確化・体系化した指標であり、産学におけるITサービス・プロフェッショナルの教育・訓練等に有用な「辞書」を提供しようとするものです。(ITスキル標準センターより)

(UISS:Users' Information Systems Skill Standardsの略)
「情報システムユーザースキル標準」とは、企業における情報システム機能の最適配置及びこれに必要となる人的資源の把握と的確な人材育成のためのものです。(情報システムユーザー協会 JUASより)


(ETSS:Embedded Technology Skill Standards の略)
「組込みスキル標準」とは、その組込みソフトウェア開発に必要なスキルを明確化・体系化したものであり、組込みソフトウェア開発者の人材育成・活用に有用な「ものさし」(共通基準)となります。(ソフトウェア・エンジニアリング・センターより)

関連するページ
このページのキーワード。関連情報をチェックできます。
ETSS , ITSS , UTSS , 協会情報 , 概要 , 目的
このページの先頭へ トップページへ

入会のご案内

現在、当協会の活動にご賛同・ご支援いただける会員様を募集しています。
ご入会をご検討されている方は、お気軽にお問い合わせください