当協会について | スキル標準ユーザー協会は高度IT人材の育成に向け、iコンピテンシ ディクショナリ(iCD)を活用したスキル標準の普及と促進を目指します。

文字の大きさ

当協会について

「特定非営利活動法人 スキル標準ユーザー協会」についてのご案内、法人概要、交通アクセス、入会に関する情報など。

スキル標準ユーザー協会とは

「スキル標準ユーザー協会」の活動目的について。

設立趣旨

スキル標準ユーザー協会の設立趣旨について。

定款

スキル標準ユーザー協会の定款について。

役員

スキル標準ユーザー協会の役員構成について

運営体制

スキル標準ユーザー協会の運営体制について

協会の位置づけ

スキル標準ユーザー協会の位置づけについて。
活動の全体像および、関連団体(行政機関・団体・企業など)との関係など。

活動内容

スキル標準ユーザー協会の活動内容について。

賛同・協賛企業

スキル標準ユーザー協会の活動にご賛同・ご支援いただいている企業について。

コンサルタント認定事業

スキル標準ユーザー協会では、スキル標準の普及促進を図るため、スキル標準の導入や評価に関するコンサルティングができる方を認定しております

認定コンサルタント紹介

スキル標準ユーザー協会の認定コンサルタントの一覧です。

導入推進者認定研修

導入推進者認定研修について

スキル標準ユーザー協会ではITSSを普及促進するため、2006年度から各企業におけるITSS導入の推進役となる方(ITSS導入推進者)の教育と認定を実施しています

ITSSベーシックコース教育

ITSSベーシック教育制度について

スキル標準ユーザー協会ではITSS(ITスキル標準)を普及促進するため、『ITSSベーシック教材』を出版するとともに、『ITSSベーシックコース教育制度』を創設しました。

■ワークショップ2017■ iCD活用 スキル標準導入ワークショップ■


■ i CD活用■スキル標準導入ワークショップ■

 
 独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)から、「共通キャリア・スキルフレームワーク(第一版・追補版)(CCSF)」の後継版の「iコンピテンシ ディクショナリ(iCD)」が公表されました(※)。
 多様化するビジネスモデルに対応していくため、このフレームワークは、スキル標準(ITSS,UISS,ETSS)や主要なプロセス体系や知識体系を「タスクディクショナリ」、「スキルディクショナリ」として、業務視点、スキル視点で体系化されました。全体の構造は新たに生まれるIT業務や技術にも柔軟に対応できる構造となっています。
iCDコンテンツと解説書が同時に公開されており、スキル標準の利用者側にとっては待望の内容です。※2014年7月「試用版」として公開

 スキル標準ユーザー協会では、活用手順を基に、コンサルタントの豊富なスキル標準の企業導入実績やノウハウに裏付けされた各ステップごとのテンプレートやツールを用い、効果的に iCDを活用した「スキル標準導入ワークショップ」を実施しています。
(他では類をみない高品質なワークショップです。)
 当該ワークショップ終了後には、自社へ(自社版)スキル標準の導入が完了していることを目標とした現実的な内容にしています。
 


■SSUG会員様は会員価格にて。

201206_WS.JPG

スキル管理ツール SSI-iCD

■■「スキル管理ツール お試し環境(無料)」を提供開始しました■■

(ご利用の方は、ページ下部からお問い合わせフォームよりお申込みください)
 
 当協会が提供するスキル管理ツール「SSI-iCD」について

SSI-iCD(Standard Skills Inventory for iCD)は、ITサービスプロフェッショナルの為の標準化されたスキルズ・インベントリツールです。個人と企業に必要な人材のキャリアパスの可視化と、高度IT人材の多面的な分析、評価、育成を支援します.

※SSI-iCDは、「iコンピテンシ・ディクショナリ」(iCD)コンテンツを搭載しています。

Fast Track ITSS(SSI-ITSS無償提供サービス)

スキル標準ユーザー協会では、企業のITSS導入を促進するため、「SSI-ITSS※」の無償利用(1年間)のサービスを開始します。そのサービス名を「Fast Track ITSS」とし、利用する企業を募集しています。テンプレート化したITベンダーの人材モデルを利用し、ITSSをベースにしたスキルマネジメントの仕組みをお使いいただけるサービスです

※SSI-ITSSとは?

スキル標準ユーザー協会が提供している「SSI-ITSS」は、ITSSをベースにし、企業の目標人材像をフレームワーク化できる戦略的スキル管理ツールです。「SSI-ITSS」はIPAが公表している「ITスキル標準 活用の手引き」、「ITスキル標準 導入プロセスの実証実験報告書」などでも紹介されています。
SSI-ITSSの詳細はこちら

ご入会について

スキル標準ユーザー協会の活動に賛同し、ご参加・ご支援いただける企業様、個人の方を募集しております。

すでに数多くの企業・団体の方々にご参加いただいております。( >> 賛同・協賛企業
ぜひこの機会に、ご入会をご検討ください。

所在地・アクセス

スキル標準ユーザー協会の所在地、交通アクセス、地図について。

『スキル管理ツール SSI-CCSFお試し環境(無料)』


 当協会が提供するスキル管理ツール「SSI-CCSFお試し環境(無料)」をご案内いたします。

 SSI-CCSFは、「共通キャリア・スキルフレームワーク(第一版・追補版)」(CCSF)コンテンツを搭載したスキル管理ツールです。

※SSI-CCSFとは

【SSI-CCSF お試し環境(無料)のご提供】

 当協会では「SSI-CCSF」の良さを多くの皆様に実感していただこうと「SSI-CCSFお試し環境」を無料にてご用意いたしました。
  ・本格使用前に一度使ってみたい
  ・どんなツールなのか?
  ・どのようなことができるのか?
 などお考えになっておられる企業様にとって一度お試ししていただきたいと考えております。
 (一部制約等がございます)

 なお、「SSI-CCSFお試し環境」は当協会のASP認定業者(株式会社エス・アイ・エス社)に、当協会が委託し提供いたしております。
 セキュリティーは勿論、個人情報の取り扱いに関しましては、当協会・株式会社エス・アイ・エスのプライバシーポリシーのもと厳重に管理し、入手した個人情報やデータは、当該「SSI-CCSFお試し環境」のご利用以外の目的には利用しません
 上記内容をご理解・ご同意していただき、御試用くださいますようお願いいたします。

   ■お試し環境はこちらから・・・・・


■ご注意■ 当該無償環境は、「Fast Track ITSS 無償提供」ではありません。

iCD活用企業認証について

『iCD活用企業認証について』


特定非営利活動法人スキル標準ユーザー協会(SSUG)、一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)、一般社団法人福岡県情報サービス産業協会(FISA)の3団体は、『iCD活用企業認証』を創設しました。

スキル標準導入推進者コミュニティ

認定ITSS導入推進者(※)の方々で構成される情報交換や勉強会の場です。
当初は、実際にITSSを導入するにあたり情報交換の場でスキルアップする場ございましたが、コミュニティのテーマの範囲を人材育成に広げ、有識者の方々などをお呼びして勉強会も実施するようになりました。当コミュニティは、2ヶ月に一度開催しており、年に1回は、あるテーマのもと合宿研修を実施しております。小会スキル標準活用グループ(パソナテック 加藤直樹理事)下で、リーダ(会長)として、ヤマキ 多賀康之氏にて運営されています。

(※)スキル標準ユーザー協会では、会員・非会員を対象として「ITSS導入推進者研修(現スキル標準導入推進者研修)」を実施して参りました。有識者やコンサルタントが講師となり、講義・演習・ホームワークにより、ITSSを人材育成のために自社へ導入し活用する「導入推進者」を育成・教育し、認定する約1ヶ月の研修です。この研修を受講し認定された方々です。概ね110名おられます。

iCD活用企業認証制度

『iCD活用企業認証制度』

 今回公表された認証企業は、IPAの支援のもと、iCDを推進している3団体で構成された認証審査委員会により認証されています。
このページの先頭へ トップページへ

入会のご案内

現在、当協会の活動にご賛同・ご支援いただける会員様を募集しています。
ご入会をご検討されている方は、お気軽にお問い合わせください