IPA 【CCSFを用いた「ビジネスアプリケーション活用サービステンプレート」】の公開 | スキル標準ユーザー協会は高度IT人材の育成に向け、iコンピテンシ ディクショナリ(iCD)を活用したスキル標準の普及と促進を目指します。

文字の大きさ

IPA 【CCSFを用いた「ビジネスアプリケーション活用サービステンプレート」】の公開

IPA 【CCSFを用いた「ビジネスアプリケーション活用サービステンプレート」】の公開

投稿日:2013.04.19

 2013年4月19日、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)から、共通キャリア・スキルフレームワーク(第一版・追補版)を用いた「ビジネスアプリケーション活用サービステンプレート」が公開されました。

 ユーザ企業はシステム開発を行い所有するという形態から、パッケージソフトウェアやクラウドなどに代表される「サービスを利用する」形態へとシフトしています。中小IT企業においては、このような「サービス化」への変化にいち早く適応し事業を継続、発展することが求められています。
 そのためには、顧客の業務を熟知し、顧客の立場で解決策を考え、顧客に価値のあるサービスを提案する「サービスインテグレーション」型ビジネスへの変革が必要になります。今回、IT人材について、人材像とその保有すべき能力や果たすべき役割を体系的に整理した枠組みである共通キャ
リア・スキルフレームワーク(第一版・追補版)(以下「CCSF」という。)を活用したテンプレートを作成しました。
対象とするのは「サービスインテグレーション型ビジネス」になりますが、その中でもビジネスアプリケーションを活用して企業の業務活動を支援するサービス「ビジネスアプリケーション活用サービス」に焦点を当てています。
 利用する企業は主に「中小IT企業」を想定しています。企業内においては、このようなビジネス変革をリードする経営層やこれに準じるマネージャの方を利用者として想定しています。加えて自社におけるスキル標準や人材育成計画を策定する人材担当部門や事業部門の方々も対象としています。(IPA サービスインテグレーション型ビジネス「ビジネスアプリケーション活用サービス」テンプレート活用ガイドより抜粋)

 当該テンプレートは、中小IT企業で、パッケージソフトウェアなどとして提供されるビジネスアプリケーションに焦点を当てられおり、
 ・活用ガイド
 ・テンプレートシート各種(タスク・スキル・タスク×スキルなど)
 ・事例調査結果(4社分)
が公開されています。


 ダウンロードは、IPAのサイトから・・・・・・・・

このページの先頭へ トップページへ

当協会へのお問合せ

当協会の活動内容・入会方法等、お気軽にお問い合わせください。

入会のご案内

現在、当協会の活動にご賛同・ご支援いただける会員様を募集しています。
ご入会をご検討されている方は、お気軽にお問い合わせください