関連ニュース | スキル標準ユーザー協会は高度IT人材の育成に向け、iコンピテンシ ディクショナリ(iCD)を活用したスキル標準の普及と促進を目指します。

文字の大きさ

関連ニュース

IPA 【i コンピテンシ ディクショナリ2017の公開】 (投稿日:2017.06.20)

2017年6月20日、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)から、「 i コンピテンシ・ディクショナリ2017」が公開されました。

IPA 【 i コンピテンシ・ディクショナリの公開】 (投稿日:2014.07.31)

2014年7月31日、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)から、「 i コンピテンシ・ディクショナリ」(試用版)が公開されました。

IPA 【海外との相互認証についてのご紹介】 (投稿日:2014.06.16)

 独立行政法人情報処理推進機構では、情報処理技術者試験をアジア諸国に展開されています。
 システム開発のオフショア先選定はもちろん、アジア各国におけるシステム開発人材や企業の調達に有効活用できる制度(法務省が合格者に日本在留資格の特例事項)等も用意されております。

詳細は・・・・・・

 また、合わせて、「IT Leaders」関連記事をご参照ください。

IPA 【「スキル標準の在り方に関する研究会」第1回の発表資料の公開】 (投稿日:2014.02.02)

独立行政法人、情報処理推進機構(以下、IPA)から「スキル標準の在り方に関する研究会」第1回の発表資料が公開されました。

IPA 【CCSFを用いた「ビジネスアプリケーション活用サービステンプレート」】の公開 (投稿日:2013.04.19)

 2013年4月19日、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)から、共通キャリア・スキルフレームワーク(第一版・追補版)を用いた「ビジネスアプリケーション活用サービステンプレート」が公開されました。

IPA 【CCSF拡充版】の公開 (投稿日:2013.03.29)

2013年3月29日、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)では、2012年3月26日に発表されたCCSF(Common Career Skill Framework、「共通キャリア・スキルフレームワーク」の略)のコンテンツ拡充が行われました。同時にその内容がIPAのHPにて公開されました。

今回の、「CCSFの拡充」は、CCSFのより柔軟な活用方法を提供することを目的に、以下2つの事業成果をCCSFへ反映。コンテンツを拡充し、一層の充実を図られました。

 ・「ITスキル標準の改訂」事業 - ITスキル標準V3 2011の公開 -
 ・「今後のIT 人材スキルセット検討」事業

拡充の概要は、こちらから

「CCSFの拡充版」は、こちらから

【経済産業省】「産業構造審議会情報経済分科会 人材育成WG報告書」が公開されました。 (投稿日:2012.10.09)

「次世代高度IT人材像」、「情報セキュリティ人材」、「今後の階層 別の人材育成」について検討を行っていた産業構造審議会情報経済分科会人材育成ワーキンググループの検討結果の報告書が公表されました。


次世代高度IT人材像、情報セキュリティ人材、今後の階層別の人材育成

IPAプロフェッショナルコミュニティフォーラム2012(IPCF2012)講演資料公開 (投稿日:2012.07.19)

「IPAプロフェッショナルコミュニティフォーラム2012(IPCF2012) 〜いま、人材育成は新たなステージへ〜」の発表資料が公開されました。

IPA 「スキル標準導入活用事例集2012」が公開されました (投稿日:2012.04.02)

本年も、IPAから「スキル標準(ITSS,UISS)活用事例集2012」が発行されました。
人材育成・組織強化のためにスキル標準を有効活用している企業の事例を紹介しています。

IPAより「共通キャリア・スキルフレームワーク 第一版・追補版」(CCSF)が公開されました (投稿日:2012.03.26)

新しいIT人材の育成に向けて3つのモデル(タスク/スキル/人材)を定義
「共通キャリア・スキルフレームワーク 第一版・追補版」(CCSF) がPAより公開されました。

IPA 「スキル標準導入活用事例集2011」が公開されました (投稿日:2011.05.12)

昨年に続き本年も、IPAから「スキル標準(ITSS,UISS)活用事例集2011」が発行されました。
人材育成・組織強化のためにスキル標準を有効活用している企業の事例を紹介しています。

日本システムアドミニストレータ連絡会 第18回研修会 (投稿日:2011.05.12)

日本システムアドミニストレータ連絡会(JSDG)では、会員同士ならびに一般参加者との相互研鑽・情報交換・親睦促進を目的として、研修会を開催します。一般の方でもお気軽にご参加ください。
当協会は当研修会を後援しております。

【IPA 中小ITベンダー人材育成優秀賞】受付開始 (投稿日:2011.04.27)

 本年度も独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)から、中小ITベンダー人材育成優秀賞の応募が開始されました。 
 中小ITベンダーにおいて、経営戦略に即したIT人材育成の取組みを、スキル標準(*)を活用して組織的に実践し、その取り組みがIT業界の産業構造の変革に対応しており、企業組織全体が活性化されている企業を表彰します。

註*: ITSS(ITスキル標準)、UISS(情報システムユーザスキル標準)、ETSS(組込みスキル標準)のいずれかを指します。

突き抜けていくエンジニアを目指すには・・・・ (投稿日:2011.04.05)

 当協会の 専務理事 高橋秀典(株式会社スキルスタンダード研究所 代表取締役社長)が日本オラクル社のインタビューに・・・・

「突き抜けてには、外の世界を積極的に取り入れて、自分に何を期待されているかを強く認識すること・・・・」

 自分のために、定時後・休日は有効活用しましょう!

突き抜けていくITエンジニアは、どこが違う?

【他団体・協会後援情報】ガートナー社 イベント (投稿日:2011.03.28)

当協会の関連団体・協会後援のイベント・セミナー

 ガートナー社による、
  「ガートナー セキュリティ&リスク・マネジメント サミット 2011」
  「ガートナー ITインフラストラクチャ&データセンター サミット 2011」
 のお知らせです。

※当協会会員様には割引特典がございます。

IPA ITスキル標準センター グループリーダーによる・・・・ (投稿日:2010.12.03)

セミナーとパネルディスカッション

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)
 IT人材育成本部 ITスキル標準センター
 グループリーダー 島田 高司 様

「2009年度下期IT人材育成強化ワークショップ実施報告書(事例集)」の公開(H22.6.2) (投稿日:2010.06.03)

本報告書は、IPAが「2009年度下期中小企業におけるIT人材育成強化事業」の中で、中小IT企業5社が参加し、計6回実施した「IT人材育成強化ワークショップ」の実施状況と成果についてまとめたものです。

「2009年度上期IT人材育成強化ワークショップ実施報告書(事例集)」の公開(H22.1.29) (投稿日:2010.01.29)

本報告書は、IPAが「2009年度上期中小企業におけるIT人材育成強化事業」の中で、中小IT企業4社が参加し、計6回実施した「IT人材育成強化ワークショップ」の実施状況と成果についてまとめたものです。

「ITスキル標準導入プロセスの実証実験報告書」および「ITスキル標準活用の手引き(企業導入の考え方)」の公開 (投稿日:2009.04.01)

IPAは、2008年度に実施した「中小企業におけるIT人材育成強化事業」の成果として、「ITスキル標準導入プロセスの実証実験報告書」および「ITスキル標準活用の手引き(企業導入の考え方)」を公開しました。

V3対応「ITスキル標準研修ロードマップ」の公開 (投稿日:2009.04.01)

IPAは、プロフェッショナルコミュニティからの改善提案に基き、「ITスキル標準V3 2008」において改訂された3つの職種を対象とし、各職種の改訂内容とレベル1、2の職種定義の一本化を反映させた研修ロードマップを公開しました

「社内プロフェッショナル認定の手引き(ITスキル標準V3 2008対応)」公開 (投稿日:2009.04.01)

IPAは、「ITスキル標準V3 2008」の公開に伴い、現行の「社内プロフェッショナル認定の手引き(ITスキル標準V2 2006対応)」を改訂し、「社内プロフェッショナル認定の手引き(ITスキル標準V3 2008対応)」を公開しました。

ITSSユーザー協会が名称変更 (投稿日:2008.11.05)

ITSSユーザー協会がスキル標準ユーザー協会に名称を変更しました。

「情報システムユーザースキル標準(UISS)Ver.2.0」が公開されました (投稿日:2008.10.31)

「情報システムユーザースキル標準(UISS)Ver.2.0」が公開されました

ITスキル標準V3_2008が公開されました (投稿日:2008.10.31)

IPAから「ITスキル標準V3_2008」が公開されました

このページの先頭へ トップページへ

当協会へのお問合せ

当協会の活動内容・入会方法等、お気軽にお問い合わせください。

入会のご案内

現在、当協会の活動にご賛同・ご支援いただける会員様を募集しています。
ご入会をご検討されている方は、お気軽にお問い合わせください