プライバシーポリシー | スキル標準ユーザー協会は高度IT人材の育成に向け、iコンピテンシ ディクショナリ(iCD)を活用したスキル標準の普及と促進を目指します。

文字の大きさ

プライバシーポリシー

スキル標準ユーザー協会ではプライバシー保護に最大限の注意を払っています。
スキル標準ユーザー協会のプライバシーの考え方は、以下のとおりです。

プライバシーの考え方が適用される範囲



   プライバシーの考え方は、会員及び本サイト利用者がスキル標準ユーザー協会のWebページを利用しているときに適用されます。また、会員及び本サイト利用者がスキル標準ユーザー協会のWebページを利用される際に収集された個人情報は、プライバシーの考え方に従って管理されます。   スキル標準ユーザー協会と事業連携を行う企業(スキル標準ユーザー協会の会員企業・団体を含みます)がスキル標準ユーザー協会と共有する個人情報も、プライバシーの考え方に従って管理されます。  スキル標準ユーザー協会のプライバシーの考え方は、スキル標準ユーザー協会が直接管理していない人や会社などには適用されません。  

情報の収集と利用



   スキル標準ユーザー協会は、会員及び本サイト利用者が当Webページにアクセスして何らかの要求を行った際に、個人情報をお聞きしたり自動的に入手したりする場合があります。また、スキル標準ユーザー協会は提携先等から入手した会員及び本サイト利用者情報をスキル標準ユーザー協会が保有している情報と組み合わせて使用する場合があります。   スキル標準ユーザー協会がお尋ねする個人情報は、スキル標準ユーザー協会のWebページをご利用いただくために必要なものに限られています。 スキル標準ユーザー協会はこうした情報を以下のような目的で利用します。 1. スキル標準ユーザー協会の活動内容を、より充実したものにするため 2. 必要に応じて会員及び本サイト利用者に連絡をするため 3. 利用状況や利用環境などに関する調査を実施したり、関係者にさまざまな統計報告を行うため  

情報の共有と開示



スキル標準ユーザー協会は、個人情報を販売したり貸し出すことはいたしません。 以下の場合に、スキル標準ユーザー協会は個人情報を開示することがあります。 1. 情報開示や共有について会員及び本サイト利用者の同意がある場合 2. 会員及び本サイト利用者が希望する製品やサービスを提供するために、情報の開示や共有が必要と認められる場合 3. 会員及び本サイト利用者に製品やサービスを提供する目的で、スキル標準ユーザー協会からの委託を受けて業務を行う会社が情報を必要とする場合。(スキル標準ユーザー協会が会員及び本サイト利用者に特にお知らせした場合を除いて、こうした会社は、スキル標準ユーザー協会が提供した個人情報を上記目的のために必要な限度を超えて利用することはできません。) 4. スキル標準ユーザー協会のサイト上での会員及び本サイト利用者の行為が、利用規約やガイドライン等に反し、スキル標準ユーザー協会の権利、財産やサービス等を保護するため、必要と認められる場合  

クッキーについて



   スキル標準ユーザー協会はスキル標準ユーザー協会のクッキーを会員及び本サイト利用者のコンピュータに設定し、アクセスすることがあります。  クッキーとは、個人が使っているブラウザーを特定することなどに利用される仕組みのことです。受け入れの可否はブラウザーで会員及び本サイト利用者自身が設定することができます。  

セキュリティについて



   会員及び本サイト利用者の登録情報は会員及び本サイト利用者のプライバシー保護およびセキュリティのため、パスワードで保護されています。 スキル標準ユーザー協会は必要がある場合、データ伝送を保護するために業界標準のSSL暗号を使用します。  

このプライバシーの考え方の改訂について



 

今後、スキル標準ユーザー協会はプライバシーの考え方の全部または一部を改訂することがあります。
重要な変更がある場合には、スキル標準ユーザー協会のページ上において、分かりやすい方法でお知らせします。
 

ご質問やご提案について



 

ご質問やご意見がございましたら、スキル標準ユーザー協会・事務局までお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

関連するページ
このページのキーワード。関連情報をチェックできます。
規約
このページの先頭へ トップページへ

入会のご案内

現在、当協会の活動にご賛同・ご支援いただける会員様を募集しています。
ご入会をご検討されている方は、お気軽にお問い合わせください