【ITスキル研究フォーラム(iSRF)】第17回 全国スキル調査 2018 | スキル標準ユーザー協会は高度IT人材の育成に向け、iコンピテンシ ディクショナリ(iCD)を活用したスキル標準の普及と促進を目指します。

文字の大きさ

【ITスキル研究フォーラム(iSRF)】第17回 全国スキル調査 2018

ITスキル研究フォーラム(iSRF)では、1年に1度(概ね夏季)Web上でスキル調査を実施しています。情報システムやソフトウェアの開発に携わる技術者、マネージャー、スタッフの皆さんのスキルの実態を把握し今後のIT業界に貢献する施策・サービスを提供していくとともに、参加者ご自身がスキル調査(診断)の結果から自分の強み/弱みを把握し今後のキャリアアップに役立てていただくことを目的としています。また、大学、研究機関などには、全国スキル調査の分析データを提供させていただきます(ただし、提供する診断データに個人情報は含みません)。

今年はソフトウェア開発、プロマネ、情報セキュリティからIoT/AIにいたるまで、様々な役割のスキルが一度にわかるスキル調査を実施します。
 今までも、そしてこれからもエンジニアが担うべき役割や業務のスキルに加え、今後成長が期待される領域のスキルをカバーした、新しいスキル診断が盛り込まれています。
 診断は約30分で完了します。ぜひ参加していただき、どんな知識や技術が必要とされるかを知って、これからの仕事に役立ててください。


■□■ 『 第17回 全国スキル調査 2018 』のご案内 ■□■

主催:特定非営利活動法人 ITスキル研究フォーラム(iSRF)

参加:無料

開催期間:2018年6月18日(月) 〜 8月19日(日)

全国スキル調査概要はこちらより

調査サイト:調査 特設サイトへ

このページの先頭へ トップページへ

当協会へのお問合せ

当協会の活動内容・入会方法等、お気軽にお問い合わせください。

入会のご案内

現在、当協会の活動にご賛同・ご支援いただける会員様を募集しています。
ご入会をご検討されている方は、お気軽にお問い合わせください

当協会の活動継続について

今後、当協会では
  • ・iCDの普及
  • ・新スキル標準(ITSS+)における
     新しい人材・スキル領域の具現化
を推進するために貢献活動を継続いたします。

iCD活用ワークショップ・参加者の声

当協会のiCD活用ワークショップに参加した皆様の感想などを紹介します。