「ITSSキャリアフレームワークと認定試験・資格の関係(ISV Map Ver11)」を公開 | スキル標準ユーザー協会は、DX推進のためのIT人材育成に向け、i コンピテンシ ディクショナリ(iCD)、およびITSS+(プラス)の普及と促進を目指しています。

文字の大きさ

「ITSSキャリアフレームワークと認定試験・資格の関係(ISV Map Ver11)」を公開

「ITSSキャリアフレームワークと認定試験・資格の関係(ISV Map Ver11)」を公開

投稿日:2018.12.28

ISVマップ表 Ver11をリリース致しました。
下記よりダウンロードしてお使い下さい。
[資格・研修関連情報 ISVマップ]

ITSSキャリアフレームワークと認定試験・資格の関係(ISV Map Ver11)主な改訂点

・Microsoft...認定終了資格の削除。
・Redhat...最新の体系に修正。個々のエキスパート資格に関しては非掲載
・Cisco Systems G.K...最新の体系に修正。CCT、CCNA Cyber Ops、CCNA Industrial、CCArを追加。
・Comptia...最新の体系に修正。CySA+を追加。
・Oracle...OracleMasterを中心に最新の体系に修正。JavaについてはEEのみの記載、Java、Soraris関連は最新バージョンのみ記載。
・itSMF Japan...最新の体系に修正。Practitionerを追加。Intermediateの扱いを変更。
・情報処理技術者試験 情報セキュリティスペシャリスト試験から情報処理安全確保支援士試験への変更。


このページの先頭へ トップページへ

当協会へのお問合せ

当協会の活動内容・入会方法等、お気軽にお問い合わせください。

入会のご案内

現在、当協会の活動にご賛同・ご支援いただける会員様を募集しています。
ご入会をご検討されている方は、お気軽にお問い合わせください

当協会の活動継続について

今後、当協会では
  • ・iCDの普及
  • ・新スキル標準(ITSS+)における
     新しい人材・スキル領域の具現化
を推進するために貢献活動を継続いたします。

iCD活用ワークショップ・参加者の声

当協会のiCD活用ワークショップに参加した皆様の感想などを紹介します。