【速報版】スキル標準ユーザーズカンファレンス2019開催のご報告 | スキル標準ユーザー協会は、DX推進のためのIT人材育成に向け、i コンピテンシ ディクショナリ(iCD)、およびITSS+(プラス)の普及と促進を目指しています。

文字の大きさ

【速報版】スキル標準ユーザーズカンファレンス2019開催のご報告

【速報版】スキル標準ユーザーズカンファレンス2019開催のご報告

投稿日:2018.12.12

12月11日(火)、毎年恒例の大規模イベント"スキル標準ユーザーズカンファレンス2019"を東京コンファレンスセンター・品川で開催し、大盛況のうちに終了致しました。

今回のテーマは「iCD & ITSS+で人材戦略強化、目指せSociety 5.0の世界!」です。

基調講演は「第4次産業革命を支えるIT人材の育成・確保に向けて」と題しまして、商務情報政策局ITイノベーション課 統括課長補佐 守谷 学 様からご講演いただきました。
conference2019-01.jpg

また、特別講演は「激変するデジタル社会と日本企業の未来」と題しまして、慶應義塾大学 政策・メディア研究科 特別招聘教授 夏野 剛 様からご講演いただきました。
conference2019-02.jpg

午後からは2トラック形式で事例企業発表、および最新情報のご提供を行い、iCD・ITSS+の導入を検討されている企業、また既に運用されている企業など多数の方にご参加いただきました。詳細については後日ご報告致します。

このページの先頭へ トップページへ

当協会へのお問合せ

当協会の活動内容・入会方法等、お気軽にお問い合わせください。

入会のご案内

現在、当協会の活動にご賛同・ご支援いただける会員様を募集しています。
ご入会をご検討されている方は、お気軽にお問い合わせください

当協会の活動継続について

今後、当協会では
  • ・iCDの普及
  • ・新スキル標準(ITSS+)における
     新しい人材・スキル領域の具現化
を推進するために貢献活動を継続いたします。

iCD活用ワークショップ・参加者の声

当協会のiCD活用ワークショップに参加した皆様の感想などを紹介します。