「ITSSキャリアフレームワークと認定試験・資格の関係(ISV Map Ver10r3)」を公開 | スキル標準ユーザー協会は高度IT人材の育成に向け、iコンピテンシ ディクショナリ(iCD)を活用したスキル標準の普及と促進を目指します。

文字の大きさ

「ITSSキャリアフレームワークと認定試験・資格の関係(ISV Map Ver10r3)」を公開

「ITSSキャリアフレームワークと認定試験・資格の関係(ISV Map Ver10r3)」を公開

投稿日:2018.08.24

ITSSキャリアフレームワークと認定試験・資格の関係(ISV Map Ver10r3)の主な改訂点は、
LinuC試験の追加、ITパスポート試験の削除です。下記よりダウンロードしてお使い下さい。
[資格・研修関連情報 ISVマップ]

ITパスポート試験削除について
2018年8月6日に、IPAからITパスポート試験の改訂について発表になりました。
改訂内容は、殆どがITSSでは定義されていないものであり、ITパスポート試験をLevel1に
位置付けるには無理があると判断いたしました。
よって2018年8月24日付で、当協会発行のISV MapからITパスポート試験を削除すること
といたします。
ITパスポート試験のプレス発表「第4次産業革命に対応したITパスポート試験の改訂(iパス4.0)」はこちらをご覧ください。

このページの先頭へ トップページへ

当協会へのお問合せ

当協会の活動内容・入会方法等、お気軽にお問い合わせください。

入会のご案内

現在、当協会の活動にご賛同・ご支援いただける会員様を募集しています。
ご入会をご検討されている方は、お気軽にお問い合わせください

当協会の活動継続について

今後、当協会では
  • ・iCDの普及
  • ・新スキル標準(ITSS+)における
     新しい人材・スキル領域の具現化
を推進するために貢献活動を継続いたします。

iCD活用ワークショップ・参加者の声

当協会のiCD活用ワークショップに参加した皆様の感想などを紹介します。