【お見舞い】東北地方太平洋沖地震の被災者の皆様へ | スキル標準ユーザー協会は高度IT人材の育成に向け、iコンピテンシ ディクショナリ(iCD)を活用したスキル標準の普及と促進を目指します。

文字の大きさ

【お見舞い】東北地方太平洋沖地震の被災者の皆様へ

【お見舞い】東北地方太平洋沖地震の被災者の皆様へ

投稿日:2011.03.14

この度の未曾有の巨大地震により、多くの犠牲者の方々、被災者の方々の皆様に対して謹んで心からお悔やみとお見舞いを申し上げます。

一刻も早く救出作業、復旧作業が進み平穏な日が訪れますよう心からお祈りいたします。

また、当協会の専務理事 高橋秀典のメッセージも掲載させていただきます。

                          
                          スキル標準ユーザー協会 一同


皆様

 専務理事の高橋でございます。

 この度、東北地方太平洋沖地震が発生し、大変な事態になっていますが、被災された皆様、およびご家族、ご友人の皆様には、心よりお見舞い申し上げます。
 私は、阪神淡路大地震も大阪在住時に経験していますが、今回も同じような揺れで、思わず当時の恐怖を思い起こしてしまいました。時間が経つにつれ東北地方の甚大な被害が明らかになり、呆然となった次第です。
神戸の時は、大阪から日帰りでボランティアに参加していましたが、今回は余りの範囲の広さにそうはいかないようです。
募金以外に何かできるわけでもなく、毎日の報道を見ているしかないのが、もどかしい限りですが、当協会も何か復興支援ができないか検討しているところです。
 会員の皆様にお願いしたいのは、節電などの対策にご協力いただくのはもちろんですが、何か個人で協力できることがないかを、是非お考えいただきたいということです。企業や団体が協力するのは当然ですが、それに任せてしまうのではなく、一人ひとりが考えて行動することが大事だと思います。協会に対してご提案いただくのも大歓迎です。

 会員の皆様だけでなく、日本国国民全員が、被災された皆様の立場になって、気持ちを考えて行動し、協力していくことを切に願ってやみません。

2011年3月14日
専務理事 高橋秀典

このページの先頭へ トップページへ

当協会へのお問合せ

当協会の活動内容・入会方法等、お気軽にお問い合わせください。

入会のご案内

現在、当協会の活動にご賛同・ご支援いただける会員様を募集しています。
ご入会をご検討されている方は、お気軽にお問い合わせください