認定コンサル コラム 第28回 | | コラム | スキル標準ユーザー協会 公式サイト

文字の大きさ

認定コンサル コラム 第28回

やめてほしくないやつほど辞める

森田 哲也(認定コンサルタント)

「やめてほしくない優秀なやつほど辞める」あるIT企業経営者の方の言葉です。

 会社を辞める理由はさまざまですが、経営者にとっていちばん痛いのが「仕事に
はやる気があって、会社に不満で辞めるやつ」です。
 仕事のできる、できないのレベルや年齢、あるいは職種によってやめる要因が違
うようだとも、前出のIT経営者はコメントしています。

 また、退職は近くの人に影響を与え伝播するようです。できる人間がつぎからつ
ぎへとやめられると、たまったものではありませんね。ですから、年齢や事業部、
レベルで見たときに辞める可能性が高い、と事前にわかれば、手の打ちようもある
のではないでしょうか。

退職にはモチベーションが深く影響しているといわれています。モチベーションを
左右する因子はさまざまですが、仕事内容、承認、給与、会社方針の明確さなど数
種類がもっとも影響を与えるファクターであることが、さまざまな企業、エンジニ
アへのiSRFで実施された調査でわかってきました。

 一般的には若年層では仕事の環境、ミドルレベルでは仕事の内容、責任を持たせ
てもらえないなどが要因といわれていますが、ある企業では給与が低いことが大き
な要因になっていました。

 40歳台前半の働き盛りでは、会社の方針の明確さや透明性がよく言われています
が、責任が不明確で承認されていないことが不満の最大要因となるケースもありま
す。
 また、職種別に見ると保守運用よりも開発がモチベーションが高いされています
が、開発部門はさほど満足度が高くなく、運用部門のメンバーは面白いと感じてい
る企業もあるのです。


 つまり、一般的に言われている不満要因がそれぞれの会社に当てはまらない場合
も多く、企業ごとにや事業部ごとに診ていくと違うのです。不満のキーワードは企
業ごとにスキルレベルや年代、事業部によって違うことです。

 従って、企業ごと事業部ごとにやる気を測り、的確な処方箋を得て、早めに対処
することが貴重な人材が離れてしまうことを防ぐために重要なポイントです。
 
 風邪を引いたといっても、その原因や症状、年齢によってお医者さんのアドバイ
スや処方が違うのに似ていますね。 

 もちろん、ITSSのレベルとモチベーションを掛け合わせて見ることで、症状が最
もよくわかります。

 御社も一度、お知り合いのコンサルタントにご相談なさってみてはいかがですか。

 

トラックバック

このページにトラックバックするためのURL

http://hs07.wadax.ne.jp/~ssug-jp/mt/mt-tb.cgi/32

このページにいただいたトラックバック
このページの先頭へ トップページへ

2012年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

コラム・テーマ一覧

検索


このコラムについて

スキル標準ユーザー協会



このコラムではスキル標準に関する読み物をお届けします。

このコラム内のタグ

入会のご案内

現在、当協会の活動にご賛同・ご支援いただける会員様を募集しています。
ご入会をご検討されている方は、お気軽にお問い合わせください