認定コンサル コラム 第20話 | | コラム | スキル標準ユーザー協会 公式サイト

文字の大きさ

認定コンサル コラム 第20話

やわらかい"あたま"と"こころ"をもって

永田 好範(認定コンサルタント)

今日も勢い個室に入る。ホッとして見上げると何故かうなずいてしまうこの頃である。

セトモノと
セトモノと
ぶつかりッこすると
すぐこわれちゃう
どっちか
やわらければ
だいじょうぶ
やわらかいこころを
もちましょう
そういうわたしは
いつもセトモノ
(「相田みつを」作品より)

柔軟心
やわらかいあたま
やわらかいこころ
わか竹のような
(「相田みつを」作品より)

上記は世代を超えて人気の高い、書家・詩人『相田みつを』さんの作品である。1984年書籍「にんげんだもの」はミリオンセラー、1987年書籍「おかげさん」はベストセラーとなっている。物事の本質をやわらかな"言葉と書"で表現しており、心に響いてくる。相田みつを美術館が東京国際フォーラム内にある。

家内が「相田みつを」さんの作品が好きで、洗面所やトイレなどに日めくりやカレンダーが置いてある。昔からあるのだが、最近よく目に入るようになった。変化を求められる時勢にあって、自分に問いかける場面が多くなってきているのであろうか・・・。個室で見上げながら、"昨日の議論はお互いセトモノだったかな"などと思ってしまうのである。

経済の縮小、グルーバル化、アジア圏へのオフシェアによる製造の空洞化、クラウドに代表されるサービスモデル変革への流れ、IT業界にどれだけおおきなパラダイムシフトがあるのか。これから起こるであろう変化の大きさを、頭というより体で感じてしまっている。

クラウドのキーワードである『早く、安く、必要な時に必要なだけ』。極端に例えれば、電化量販店やスーパーのチラシと同じように、ITのサービスがチラシに掲載される時が、そう遠くない時代にくるということだ。変化が大きい時は、厳しいこともあるだろうが、ビジネスチャンスも多くなる。経営も個人も、外部の環境変化に対応できる能力が特に求められるが、ここは自分の活躍できる場が多くなるチャンスと考え、"やわらかいあたま"、"やわらかいこころ"をもって対応していきたい。


道はじぶんで
つくる
道は自分で
ひらく
人のつくったものは
自分の道には
ならない
(「相田みつを」作品より)   c相田みつを美術館

将来、ITのサービスにおいても、世界に広がる日本発のサービスが出てくることを楽しみにしている。

トラックバック

このページにトラックバックするためのURL

http://hs07.wadax.ne.jp/~ssug-jp/mt/mt-tb.cgi/24

このページにいただいたトラックバック
このページの先頭へ トップページへ

2011年12月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

コラム・テーマ一覧

検索


このコラムについて

スキル標準ユーザー協会



このコラムではスキル標準に関する読み物をお届けします。

このコラム内のタグ

入会のご案内

現在、当協会の活動にご賛同・ご支援いただける会員様を募集しています。
ご入会をご検討されている方は、お気軽にお問い合わせください