認定コンサルタント紹介 | スキル標準ユーザー協会は高度IT人材の育成に向け、iコンピテンシ ディクショナリ(iCD)を活用したスキル標準の普及と促進を目指します。

文字の大きさ

認定コンサルタント紹介

スキル標準ユーザー協会の認定コンサルタントの一覧です。

【シニアコンサルタント】
駒谷 昇一|高橋 秀典福嶋 義弘加藤 直樹石川 拓夫
宮沢 修二|佐々木 康浩

【認定コンサルタント】
北見 亨森田 哲也清水 千博堤 裕次郎永田 好範
大石 雄武重 勉垣原 求斉藤 実丸島 美奈子松浦 昌明|青木 美代子|

高橋 秀典 (シニアコンサルタント)
認定番号:02
高橋 秀典
【所属・役職】
(株)スキルスタンダード研究所
代表取締役
【業務経歴およびコンサルティング実績】
1993年に日本オラクル入社。サポートビジネス責任者、セールスコンサルタント責任 者を経て、研修ビジネス責任者在任中にオラクルマスター制度を確立させるなど活 躍。 その後、執行役員としてシステム・エンジニアを統括。 並行して2003年12月にITSSユーザー協会を設立。 2004年7月に日本オラクルを退社、 UISSやITSSなどスキル標準を企業で活用するためのコンサルティング事業を進める株 式会社スキルスタンダード研究所を設立。 以後、関西電力、リクルート、アフラッ ク、三菱UFJ証券、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)、損保ジャパンなど大手企業 向けコンサルティングで成功に導く。 UISSやITSSの策定・改訂などIT人材育成に関係する委員会の各種委員を歴任するな ど、UISS、ITSS活用の第一人者として知られる。 2006年5月にIPA賞人材育成部門受賞。
【自己PR・その他】
ユーザー企業IT部門、国内・外資ITベンダでの経験を活かした人材育成の仕組みづく りのコンサルティングサービスを提供しています。プロフェッショナルとして外部の 新鮮な風を送り込むことが大きな使命と考え、幅広く貢献していく所存です。
【著書】
・ITSS V2のわかる本(翔泳社)
・UISSガイドブック(SRC社)
【連絡先】
TEL:03-5212-6820 【Webサイト

福嶋 義弘 (シニアコンサルタント)
認定番号:03
福嶋 義弘
【所属・役職】
NECソフト株式会社
ITトレーニングセンター
センター長
【業務経歴およびコンサルティング実績】
NECソフトが人事制度へITSSを導入した際の策定経験をもとに ITSS普及推進活動とNECグループ、ユーザ企業、パートナー企業のITSS活用のコンサルティングを実施している。
【自己PR・その他】
 企業価値を高めるためのIT人材育成についてITSSを有効活用することにより、効果的かつ効率的にキャリアパスの構築を支援します。
自社のITSS導入実績をベースに、経験に基づいた現実的な導入方法を各社様の 状況に合わせてご提案します。
【連絡先】
TEL:03-5534-2228 【Webサイト

加藤 直樹(シニアコンサルタント)
認定番号:04
加藤 直樹
【所属・役職】
株式会社パソナテック
取締役
【業務経歴およびコンサルティング実績】
1990年 株式会社テンポラリーセンター(現パソナ)入社
1998年 株式会社パソナテック設立に参画
2004年 人材サービスのフレームワークとして、所属エンジニアのキャリアカウンセリング・評価を目的としたITSS導入・活用を指揮
その後ETSS、UISSのエッセンスを順次追加。
2007年現在1万人近いエンジニアのスキル標準カウンセリングを実施。
その後、そのノウハウを元に、企業におけるITSS導入活用の支援サービスを展開。
【ITSSユーザー協会活動】
2004年 キャリアデザインワーキンググループ副主査
2005年 情報交流委員会 委員長
2006年 理事
2006年 ITSS導入シニアコンサルタント
2007年 スキル標準活用委員会 委員長
【その他の活動】
2006年度産業構造審議会 情報経済分科会 情報サービス・ソフトウェア小委員会 人材育成WG委員
日本CIO協会 事務局長
日本情報システム・ユーザー協会(JUAS) 人材育成研究部会
【自己PR・その他】
一貫してITエンジニアの人材サービスに関わってきた中で体感したことは、人材調達やプロジェクト組織設計におけるスキル標準活用は非常に有効だということです。
「評価」「育成」だけではない「調達」や「ビジネスコミュニケーション」のスキル標準の活用方法についてご提案いたします。
【連絡先】
TEL:03-5415-3535 【Webサイト

石川 拓夫 (シニアコンサルタント)
認定番号:05
石川 拓夫
【所属・役職】
(株)日立ソリューションズ
人財開発部
部長
【業務経歴およびコンサルティング実績】
1983年日立西部ソフトウェア株式会社(現日立システム)入社。一貫して採用、教育、人財活性化策などの企画立案から実施まで担当。
2004年より現職、2005年人財教育部兼務。
2004年に導入した人財開発制度(HCM(Human Capital Management)システム)は、日本能率協会から第17回度能力開発優秀企業賞奨励賞を受賞。
2004年 IPA ITプロフェッショナル人材育成協議会委員
2004年 JISA 人材育成委員会 ワーキンググループ 主査
2005年 ITSSユーザー協会 ITSS導入コンサルタント認定委員会委員
2005年 IPA 評価ガイドライン検討委員会委員
【自己PR・その他】
 強みは、この業界において20年以上人事業務を経験してきたことだと考えております。それも仮説構築、企画立案、実施、結果検証まで繰り返し行ってきたことだと思います。その中で人財活性化施策はライフワークになりつつあります。「ES無くしてCS無し」が持論です。自分の知識・ノウハウが、業界の活性化に少しでも役に立てばと考えております。また家庭では4人の男の子の父親です。ライフワークバランスを実践している身でもあります。
【著書】
・「キャリア開発支援制度事例集」(日本経団連出版、共著)
【連絡先】
TEL:03-5780-7517 【Webサイト

佐々木 康浩 (シニアコンサルタント)
認定番号:15
佐々木 康浩
【所属・役職】
株式会社三菱総合研究所
経営コンサルティング本部
人材戦略グループ
主席研究員
【業務経歴およびコンサルティング実績】
三菱総合研究所のコンサルタントとしてTRM(テクノロジー・リソース・マネジメント)と呼ばれる技術人材管理の手法を開発し、そのコンサルティングに力を入れています。ITSS導入コンサルタントのベースとなるスキルはITSSユーザー協会の「導入推進者認定研修」を受講し、学びました。
これまで、製造業が展開するグループ全体でITサービス事業にかかわるSEに対して、スキル体系を整備し、スキル管理データベースを構築しました。あるいは、情報システム部門を分社化したIT子会社において、経営計画を達成するために最適な人材の再配置計画を立案した経験があります。
最近は、三菱グループの研究会でユーザ企業のIT人材について研究し、UISSの導入についても実績があります。
【自己PR・その他】
IT系だけでなく技術者のモチベーション低下が叫ばれており、私自身のコンサルティング活動の中でもそれを実感しています。我が国の競争力維持のため、技術者一人ひとりの幸せのため、ITSS・UISS導入支援を通じて貢献したいと考えています。
【所属学会】
・経営情報学会
・日本ビジネスモデル学会
・ビジネス支援図書館推進協議会
【著書】
・共著「地球環境とスーパーハブ構想」富士通ブックス
【論文】
・共著「ビジネスITスキルアセスメント」
 (三菱総合研究所所報 No.43,2004年)
・共著「『見える化』実践のポイント」
 (三菱総合研究所所報 No.47,2006年)
【連絡先】
TEL:03-6705-6053 【Webサイト

北見 亨 (認定コンサルタント)
認定番号:11
北見 亨
【所属・役職】
東京計器株式会社
管理部人事部人事課
課長
【業務経歴およびコンサルティング実績】
1977年大手コンピューターメーカーに入社、EDP化室勤務にて生産管理システムの一部設計開発に関与、その後大手航空会社の精算システム設計開発を経て光学機メーカーで米国製PCの技術支援並びに拡販を実施。
1998年より、IT教育ベンダーに入社し現場エンジニアの人材育成を中心にソリューションセールスを実施。
2003年12月よりITスキル標準に合わせた人材育成を提案し導入する。
JISAの開催するITSSに沿った、研修カリキュラムの策定に一部関与。
その後ITスキル標準とアセスメントツールを活用した企業の人材育成コンサルティングを積極的に行う。 2011年より、製造業のスキル標準に着手。
【自己PR・その他】
今まで教育ベンダーにてIT業界の人材育成に注力してきましたが、ユーザーの立場に立った人材育成を進めるとともに、私の専門でもある、企業内おけるメンタルヘルス対策も重要と考え、技術スキルやパーソナルスキルとメンタルケアスキルを両立しIT業界の健全な方向転換を目指します。
「働きやすく勉強しやすい両面を重視した業界」をスローガンとして掲げた導入をしていきます。

・日本カウンセラー協会認定カウンセラー
・ITSS導入推進者
・SSUG認定コンサルタント
【所属団体】
・日本産業カウンセラー協会(賛助会員)
・日本カウンセラー協会会員
【連絡先】
TEL:03-3731-0511 【Webサイト

森田 哲也 (認定コンサルタント)
認定番号:12
森田 哲也
【所属・役職】
特定非営利活動法人 ITスキル研究フォーラム 事務局長
株式会社日経BPマーケティング 教育研修営業部 リソースディレクター
【業務経歴およびコンサルティング実績】
1981年、日経マグロウヒル販売(現BPマーケティング)入社。雑誌・書籍などの営業部門に在籍。雑誌営業、書店営業、テレマーケティング、ダイレクトマーケティングなどの部門長を歴任。 1994年、ITエンジニア教育を柱としたラーニング事業を立ち上げ、ITエンジニアやビジネスパースンのための学習教材の企画・マーケティングを実践し、IT業界での人材教育に関わる。
2003年12月、ITスキル標準の普及とIT企業の人材育成・人材戦略への貢献を目的とした 「ITスキル研究フォーラム(iSRF)」設立に参画し、事務局長に就任。企業の事業ドメインに適した人材育成の明確化を主なテーマとし、ITスキル標準とアセスメントツールを活用した人材育成コンサルティングを多数実施している。
2010年4月より現職。
【自己PR・その他】
IT教育業界において、エンジニアのための有用な学習コンテンツの企画・開発を、さまざまな教育コンテンツベンダー各社とともに行ってきました。従って、企業ごとに人材育成のための最適な研修メニューや学習コンテンツを、ニュートラルな立場から提案することができます。
   ITスキル標準に規定されているスキルの中で、エンジニアにとって最も必要かつ欠けているベスト3は「コミュニケーション」「ネゴシエーション」「リーダーシップ」です。さらにコンセプチュアルスキルやパートナーシップといったコンピテンシーもITエンジニアに求められている資質です。
   わたくしは、これらのパーソナルスキルとコンピテンシーに焦点を当て、コーチング活用による個人の気づきと組織活性化のためのコンサルティングを行い、企業の成長を促します。

・特定非営利活動法人ITスキル研究フォーラム(iSRF)事務局長
・米国NLPTM協会認定トレーナーアソシエイト
【連絡先】
TEL:03-6811-8099 【Webサイト

清水 千博 (認定コンサルタント)
認定番号:13
清水 千博
【所属・役職】
有限会社 KBマネジメント
代表取締役
【業務経歴およびコンサルティング実績】
1974年日本HP入社。営業マネージャ、マーケティングマネージャ、SEマネージャ、SE教育マネージャ(日本およびアジア)を歴任。SE認定制度の確立と実施。SE認定制度をアジア諸国(7カ国)に展開。グルーバルCRMの日本導入におけるビジネスアナリシスの経験。
KBマネジメントは日本企業として初めて認定されたEEP™(IIBA®認定教育プロバイダ)。
・ スキル標準ユーザー協会認定コンサルタント(2006年11月)
・ スキル標準ユーザー協会「スキル標準成熟度モデル小委員会 委員長」(2009年、2010年)
・ IIBA®認定CBAP®(2012年8月)
・ IIBA®日本支部 教育部会 登録講師

堤 裕次郎 (認定コンサルタント)
認定番号:14
堤 裕次郎
【所属・役職】
株式会社 ザ・ネット
取締役
【業務経歴およびコンサルティング実績】
SIベンダーにてシステムエンジニア、プロジェクトマネジャーを経験。システム開発部門の責任者を歴任。
2001年、株式会社ザ・ネットの取締役に就任。ヒューマンリソース(スキル、個性、モチベーション、ストレス)の診断ツールの開発。企業における人材活用のコンサルティングに従事。
【これまでの主なITSS導入のコンサルティング】
■ITSSを取り入れた人材情報システムの構築
ITスキルと企業・組織の経営連動/人材の有効活用/社員のスキルUPなどを目標に現状の人材情報システムとシームレスな融合と可能性を特長とする社内の人材情報システムを実現

■新規事業ドメイン参入のための人材育成、人材開発の構築
必要となる人材像の抽出のために、ITSSに照らしたスキルの現状を把握。人材育成、人材開発の構築に向けて取り組み。

■人事評価のシステムの合理化
評価アセスメント、人事システムなど、これまで個別に処理されていた機能を、ITSSを活用した人事評価システムの構築に向けて取り組み。


永田 好範 (認定コンサルタント)
認定番号:16
永田 好範
【所属・役職】
株式会社ザ・ネット
QB企画部 部長
【業務経歴およびコンサルティング実績】
1977年、中小SIベンダーに入社。システムエンジニア、システム部門責任者、営業部門責任者などを歴任。
1993年、経営側に参画し全体を統括。
1997年、自社人事考課制度の見直しを責任者として推進。人事コンサルの提言もあり、人材評価に関して現ITSSと同様の考え方で構築。
2000年、株式会社ザ・ネットに製品企画・開発部門責任者として参画。
2002年、日経BP社とタイアップしIT業界のスキル実態調査を行う。調査にあたりITSSに基づいたスキルアセスメントツール(スキル診断システム)を先駆けて構築、全国を対象としたIT技術のスキル調査を実施する。以降、毎年全国スキル毎年を実施し、2005年からは組込み技術者(ETSS)の調査も開始。調査結果は日経BP社のメディアを通じ幅広く市場に還元している。
主にITSSをベースにしたスキルアセスメント導入について、『棚卸』、『パートナー調達』、『中途採用』、『人材紹介』、また『自社ドメインのスキル項目の構築』など、目的に沿ったアセスメント実施および活用での提言を行ってきた。

大石 雄 (認定コンサルタント)
認定番号:17
大石 雄
【所属・役職】
株式会社イーネット
代表取締役社長
【業務経歴およびコンサルティング実績】
複数ベンダー企業にてPG(プログラマー)、SE(システムエンジニア)、PM・PL(プロジェクトマネージャー・リーダー)を経験。ホスト系、オープン系、Web系、制御系、クラサバ系、DB系,など多数の現場経験を経て、2000年9月に株式会社イーネットを設立。主に開発現場でのコンサルティングを行いながら、ビジネスセミナー講師として活動。主に、IT企業を対象に研修や教育活動を行っている。また、近年は、海外においても人材教育活動を行い、グローバル人材の育成を行う。
スキル標準ユーザー協会正会員。

ITSSコンサルティング実績:
・ NTTグループ企業、
・ 公共系システム開発会社、
・ 中堅ソフト開発会社 その他多数
【自己PR・その他】
当初は、中小企業を対象としたITSSの導入が中心でしたが、最近は大企業からも、ITSSの導入や制度の活性化、活用方法などのご相談をいただくようになりました。会社の規模や背景によって、人事評価制度や視点が異なりますので、それに伴ってITSSの導入や運用方法は変わります。イーネットは個人事業者や数名からなる企業に対しての、ITSS導入のコンサルティングが得意分野でしたが、大企業での実績も少しづつ増えてまいりましたので、様々な形態の企業への対応が可能です。
まずITSSのフレームワークありきで考えるのではなく、各企業の現状を理解し、その上で実態に即した形でのITSSの導入方法を御提案いたします。最終的には、エンジニアにとっても、経営者にとっても双方にとってWin+WinとなるITSSの導入を目指しています。
また、研修講師としてはユニークなビジネスセミナーやゲームなどを考案し、実践的で楽しく学びが多い研修であるとの評価を頂いております。特に最近では、IT系に特化したCCPM体験ゲームや、保守・運用体験研修、運用設計ゲームなどが好評です。 形式や過去の既成概念にとらわれず、IT業界の未来に向けて、新しい息吹を吹き込むことができるよう日々励んでおります。
【著書】
・これならできる!ITSS導入・運用ガイド
【連絡先】
TEL:045-540-8611 【Webサイト

武重 勉 (認定コンサルタント)
認定番号:18
武重 勉
【所属・役職】
株式会社日立インフォメーションアカデミー
研修部
主管(ITSS担当)
【業務経歴およびコンサルティング実績】
1970年:株式会社日立製作所に入社、IT教育部門のインストラクタとして従事。
1995年:株式会社日立インフォメーションアカデミー設立に伴い転籍。e-ラーニングを活用した研修システム構築などを担当。
2005年~:ITSSセンタ長としてITSS研修ロードマップに対応した研修コース体系の整備を統括し、研修コースの拡充を図るとともに職種対応の研修体系マップを整備。「ITSS教育ガイド」へ弊社研修コースを掲載し案内展開。

コンサルティングの実績としては、主に日立グループでのITSS導入に伴う人材育成プログラム構築を支援。特にITSSの職種・レベル対応の研修体系構築から、実施推進・評価に到るPDCAサイクル確立をサポートしてきた。
【自己PR・その他】
日立グループに対する人材育成コンサル・研修体系構築及び研修企画・実施・評価の経験を生かし、スキル標準を活用した人材育成の仕組み作りを導入されようとする企業・組織の導入推進者と連携した活動をしてまいります。
活動に当たっては、ITSSユーザー協会と連携した導入手順・手法を活用して確実に導入推進し、組織の実践力を高めることができるようにサポートしてまいります。
また、技術者のスキル熟達度アップに欠かせない研修・教育に携わってきた経験を生かし、それぞれの企業・組織の戦略に合わせた人材育成のための研修体系構築と実施推進をサポートしてまいります。
【主な社外活動】
・1996年:日本大学 経済学部 非常勤講師(情報産業概論)4年間
・2004年:ITSSユーザー協会 教育研修ワーキンググループ メンバー
・2006年:情報処理学会 J07プロジェクトIT教育委員会 委員
【連絡先】
TEL:044-549-1350 【Webサイト

垣原 求 (認定コンサルタント)
認定番号:19
垣原求
【所属・役職】
キヤノンビズアテンダ株式会社
教育サービス事業部 事業部長
【業務経歴およびコンサルティング実績】
IT教育ベンダーにて、ITサービス企業を対象とした人材育成支援サービス部門に在籍し、営業部長などを歴任。2002年株式会社アルゴエデュケーションサービスに入社後2005年に執行役員に就任、2008年4月より株式会社AESに社名を変更し、2012年1月より、キヤノンITソリューションズ株式会社のグループ会社であるキヤノンビズアテンダ株式会社と合併。現在に至る。
幾つかのユーザー系や独立系のITサービス企業に対して、ITスキル標準導入プロセスの設計/運用構築・啓蒙等の「導入コンサルティング」を実践するとともに、「育成計画作成支援」「集合研修」「e-ラーニング」等の"人材育成支援"に従事。
【自己PR・その他】
私共の事業部は、ITサービス企業における"人材育成支援"として、スキル標準に基づいた「育成計画立案のサポート」や「研修の実施」等のサービスを実施しています。特に、様々なITサービス企業の「役割(タスク)」に対応した「スキル」を明確にし、パフォーマンス向上を支援する育成ソリューションの構築を可能としています。成長・進化している「スキル標準」と共に我々も成長し続ける所存です。
【連絡先】
TEL:03-6701-5080 【Webサイト

斉藤 実 (認定コンサルタント)
認定番号:20
斉藤 実
【所属・役職】
株式会社ネクストエデュケーションシンク
代表取締役社長/本郷人間塾理事長
【業務経歴およびコンサルティング実績】
哲学教育系雑誌編集長を経て、株式会社アスキー入社。同社にてテクニカルマニュアルOEM編集長、教育メディア編集長としてIT資格試験書籍、WBT教材の企画開発等を行う。数百冊の編集実績。その後、Eラーニング、Webアセスメント、研修専門の教育サービスベンチャーである、ネクストエデュケーションシンクを立ち上げる。
ITSS発表当初から、ITSSユーザー協会(現・スキル標準ユーザー協会)に於いて、普及・導入を推進する。また客観テスト型スキル診断ITSSレベルチェッカーを開発し、累計500社20万人を超える国内外アセスメント、組織診断を行い、主に大手・中堅企業の導入推進コンサル、人材育成コンサル、採用コンサル、目標管理人材育成評価システム構築、オリジナルキャリアフレームワーク構築支援、研修体系構築支援、スキル標準による社内認定制度構築コンサルを実施。ITSS普及セミナーを開催・講演、「ITSS教育ガイド」検索DB構築、「ITSS Now!」情報サイト構築。スキル標準ユーザー協会 教育企画委員会副委員長。
【自己PR・その他】
能力診断開発コンサルタントとして、「ITSS」「ETSS」「UISS」をはじめ各種スキル標準アセスメントコンテンツ・システムの企画・設計・開発・カスタマイズを実施(ヒューマンスキル・人間力・コンピテンシー・適性・資質、モチベーション、採用診断系等を含めて200種類以上開発)。 また、社会人基礎力診断、クラウド知識診断など幅広く企画。ITSS V3-2011準拠客観テスト型診断・共通キャリア・スキルフレームワーク対応版、情報処理技術者試験対策教材も企画。 哲学・教育学・心理学・人間学・IT・人材育成全般に亘る幅広い人間の本質理解の知見と、ベンチャー企業経営、人事、人材採用、人材開発、育成、スキルアセッサーの実践経験、20年以上の教育業界経験等をバックに、特に人材の適性・資質・モチベーション、ストレス・リスク度、人間力、コンピテンシー、ヒューマンスキルの把握、コンサルティング営業力の可視化、ハイパフォーマーの抽出、適材採用、適材適所配属のほか、Web診断関連の新ビジネスアイデア立案も含め、経営面からの視点で、個性を活かした人材の育成・ハイパフォーマー人材の採用・変革創造リーダー・管理職人材の育成コンサル、人材能力面から捉える企業力向上・組織分析・組織構築支援は得意。また、アセスメントと研修の自動マッチングを行うキャリアディベロップメントサイトの構築では大手企業向けに開発実績多数。
【所属協会】
・スキル標準ユーザー協会
・日本情報システム・ユーザー協会(JUAS)
・コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)等
【連絡先】
TEL:03-5842-5148 【Webサイト

丸島 美奈子 (認定コンサルタント)
認定番号:22
丸島 美奈子
【所属・役職】
株式会社シルクロード テクノロジー
ソリューション・コンサルタント
【業務経歴およびコンサルティング実績】
ベンチャー支援の株式会社サンブリッジにて、社長室長として広報、ITベンチャー育成、ベンチャーコミュニティの運営に関わる。その後サンブリッジ傘下の人財育成会社にて組織診断、およびソリューションフォーカスアプローチ(SFA)を活用したIT企業向け人財育成コンサルティングを提供。
2010年11月、タレントマネジメントシステムをクラウドで提供する米国シルクロード テクノロジー社とサンブリッジが、資本提携による株式会社シルクロードテクノロジー(日本法人)を設立し、以来現職。

松浦 昌明 (認定コンサルタント)
認定番号:25
松浦 昌明
【所属・役職】
株式会社日立インフォメーションアカデミー
営業本部ソリューション営業部
上席コンサルタント
【業務経歴およびコンサルティング実績】
(株)日立製作所に入社し産業流通系のシステムエンジニア業務を経験。同、教育部門に異動し社内SE向けインストラクタ業務を経験。途中、コンサルティング部門のプロジェクトに参画しソリューションのナレッジ化と普及活動を経験。
(株)日立インフォメーションアカデミーへ転籍し、開発方法論を中心に生産技術、論理思考、コンサルティング技法、ビジネススキル/ヒューマンスキル等の研修企画、開発、実施を経験。
2005年:研修ソリューション業務に従事
2007年:人材育成コンサルティング事業の立上げ
現在、ITSS/UISSをベースに企業の人材育成構築を支援。
【自己PR・その他】
2008:「ITSSベーシックコース」認定インストラクタとして登録
2008:日立u-VALUEコンベンションにて人材育成事例を発表。
    「経営課題に応えるIT人材育成コンセプトと若手の研修への適用」
2008:情報システム学会の論文執筆、研究発表大会にて発表
     「IT系企業が求める若手層の人材像と段階的育成」
2009:各種の日立顧客向けセミナ、日立グループ内セミナにて人材育成事例を発表
日立顧客企業及び、日立グループ企業を中心にIT人材育成プログラム構築から研修実施の要求にまで対応しております。
 ・ITSS/UISSをベースにした人材育成制度構築支援
 ・人材育成要求(問題点・課題)からの研修ロードマップ構築支援
 ・要求からの研修カリキュラム立案支援
【連絡先】
TEL:03-5471-8958【Webサイト
関連するページ
このページのキーワード。関連情報をチェックできます。
協会について
このページの先頭へ トップページへ

入会のご案内

現在、当協会の活動にご賛同・ご支援いただける会員様を募集しています。
ご入会をご検討されている方は、お気軽にお問い合わせください